メニュー

ホーム > コラム

コラム

会社にとって重要でない人材とは?

皆さんの周りには様々なタイプの人がいると思います。 ・仕事のスピードは速いけれどミスが多い人 ・仕事はすごく丁寧だけれど時間がかかる人 ・指示されなくても自分で気づいて仕事を進められるがミスが多い人 ・指示されたことしか出来ないけれどミスが無い人 どのタイプの社員にも一長一短ありますが、この中に会社にとって最も重要度が低いタイプはどのタイプでしょうか? 考える上...

続きを見る

”安かろう悪かろう”にならないコスト削減のポイント

前回のコラム「価格決定の仕組みを考える」で、製品の品質を下げずに売り手の製造原価を下げる方法の存在について触れました。今回はその具体例に触れながらコスト削減のポイントを考えてみたいと思います。 原価の全体像を把握する まずは原価の全体像の把握に努めます。あくまでも大まかにで構いません。ここではチラシなどの印刷物の場合を例にとって考えます。 ・原料費 (紙・インク) ・加工費 (製版・印...

続きを見る

価格決定の仕組みを考える

物やサービスの販売価格は、なんとなくで決まっているものではなく、価格決定に至るまでの過程が必ず存在します。まずはこの流れを紐解いていきます。 価格決定の流れ 販売価格の中身を、最もシンプルな方程式で表現すれば「原価+粗利=販売価格」となります。 製品を製造しているメーカーでも、製品を仕入れて販売している商社や代理店でも、この点に大きな違いはありません。 先ほど方程式という表現を使いまし...

続きを見る

コスト削減のゴールはどこにある?

経営者や、購買担当者にコピー料金(複合機)のコスト削減を提案をすると、「ウチはギリギリまで交渉してかなり安く抑えているので大丈夫です」という返答を頂くことがあります。 ですが不思議な事に、このように交渉をしっかりとやりきっているという自負・自信がある方ほど、比較的高めの価格で購買している事が多いのです。 様々な企業の購買担当者の方々を「自信あり」と「自信なし」の2パターンに分類して日々の購...

続きを見る

理解と納得の違いにご注意!

コンサルティング業界には、その守備範囲や専門領域ごとに様々なコンサルタントが存在します。 戦略コンサル、総合コンサルと呼ばれるような比較的守備範囲を広くとるコンサルタントや、人事コンサル、物流コンサル、そして我々のような購買コンサル、コスト削減コンサルなどの専門特化型のコンサルタントです。 今回テーマにあげた『理解と納得は違う』という事は、どの分野のコンサルティングにおいても共通して、常に...

続きを見る

コスト削減で節税対策?

「どうしてコスト削減をしようと思ったのですか?」 こう経営者の方に問いかけてみると、実に様々な答えが返ってきます。 これまで出会った経営者の皆様の回答を少しご紹介します。 利益率を改善したい 銀行から融資を受けるために必要 ボーナスの原資にしたい 投資へ経営資源を集中したい 赤字を減らしたい 上記はその一例ですが、このような動機や目的がきっかけになる事が...

続きを見る

このページの先頭