メニュー

ホーム > Column

Column

【information】冬季休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 年末年始の休業期間について、以下お知らせ致します。 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。 休業期間:2018年12月29日(土曜日)~2019年1月6日(日曜日)...

続きを見る

【information】夏季休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜わり厚くお礼申し上げます。 弊社のお盆休業についてお知らせいたします。 誠に勝手ながら弊社のお盆休みは下記の通り休業とさせて戴きます。 夏期休業期間   8月11日(土)~8月19日(日) 休業期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。...

続きを見る

【information】モニターツアーのお知らせ

最近、テレビでもよく見かけますが、インバウンドのモニターツアーについてのご相談が増えています。 訪日客に来てもらい、SNSで写真や情報を発信してもらうというもので、情報の拡散と即時性が見込めます。 特に、海外では日本よりもSNSのアクティブユーザーも多く、旅マエ、旅ナカの訪日客への有効なプロモーションの手段となっております。   当社でも、台湾の方向けのモニターツ...

続きを見る

【 information】2017年の訪日外国人、消費額も最高。

2017年の訪日外国人客数は前年比19.3%増の2869万人となり、過去最高を更新したと発表しました。中国が一番多く735万人(15.4%増)、次いで韓国の714万人(40.3%増)となっています。 2017年の外国人旅行者消費総額は前年比17.8%増の4兆4161億円で5年連続して過去最高を更新、初めて4兆円を超えました。 観光庁としては、2020年までの目標(4000万人)に対し「...

続きを見る

【 information】2017年訪日客数、過去最多2869万人を記録。

2017年の訪日外国人旅行者数が前年よりも約2割増の約2,869万人となりました。 5年連続で過去最高を更新したており、アジア各国に対してビザの発給要件を緩和したことに加え、格安航空会社(LCC)を中心に便数が増えたことが要因となっているようです。政府は2020年に訪日客数の目標を4,000万人に引き上げており、順調にいけば今年は3,000万人を突破するとみられています。 石井国交相は...

続きを見る

【information】年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 年末年始の休業期間について、以下お知らせ致します。 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。 休業期間:2016年12月29日(木曜日)~2017年1月4日(水曜日)...

続きを見る

【news】柴又モニターツアーを実施しました。(台湾訪日客)

11/29(水)に柴又にてモニターツアーを実施しました。 親日国であり、コアな日本ファンが多い、台湾・香港のリアルな個人旅行客に柴又の素晴らしさを体験を通じ実感して頂き、リアルなネットワークでファンを増やし続ける仕組み(ファン・ブーム)を作ります。何回も日本に来られているという方も多く、日本語も通じる方も多かったです。 今回、山本亭様、高木屋様を中心と体験も充実しており喜んで頂けたとと...

続きを見る

【news】2017年訪日客数、過去最高の昨年実績を上回る。

国土交通相は、11月4日の時点で、2017年の訪日外国人数が、過去最高だった昨年の2403万9700人を上回ったことを発表しました。 このペースだと、通年で3000万人の大台に近づく可能性が大きいとのことです。 特に中国、台湾、韓国等と日本の地方都市をつなぐLCC(格安航空会社)の便数が増加や、クルーズ船も増え、訪日外国人数が増加しているようです。 観光庁が発表している統計にて国...

続きを見る

【メルマガ(vol9)】「DSPを利用した販促で訪日観光客を狙い撃ち!」

「DSPを利用した販促で訪日観光客を狙い撃ち!」 訪日観光客向けのプロモーションにて、ターゲットやタイミングを選びたい、直接情報をリーチさせたい等とお考えになられている方は多いと思います。 全ての訪日客観光客に広告を見てもらうには莫大な予算がかかりますし無理があります。当然、訪日客によって、観光や買い物など訪日目的は違います。 そこで、個人の目的に合わせた広告をできるだけ多くの訪...

続きを見る

【news】ドラッグストアのインバウンド消費購買件数は前年同月比25.8%増。

ドラッグストアのインバウンド消費購買件数は前年同月比25.8%増と大幅に上昇したとのことです。購買単価は15,191円で、前年同月比2.5%減となりましたが、戻しつつあり、2016年9月以来1年ぶりに15,000円台へ回復したとのことです。...

続きを見る

1 / 41234

このページの先頭