メニュー

ホーム > Column

Column

【news】日本出発前の中国人旅行客に空港の搭乗口で手渡しする情報誌のご紹介

「東方網 City Guide JAPAN(日本真恵玩)」・訪日中国人旅行客向け日本情報誌 「上海市政府公認」、「上海浦東国際空港との提携により実現」した新媒体で、 上海浦東国際空港の日本行き便搭乗口で手配り配布します。 中国人の乗客数が多い「中国東方航空」「中国国際航空」「中国南方航空」や人気のLCC 「春秋航空」「吉祥航空」、 日系の「日本航空」「全日空」の上海浦東...

続きを見る

【news】peach航空・クリック保証サービスの紹介

peach航空のインバウンドサービスのご紹介です。 訪日リピーター率96%の日本大好きユーザー(5万人以上)の台湾・香港の方をターゲットに 幅広く自社サイトの宣伝が可能と人気のサービスです。 メルマガ・ポータルサイト・フェイスブック等を駆使し、訪日予定客に情報をお届けします。 万が一、期間内に契約のクリック数に届かない場合は返金致します。(クリック保証+返金保証プラン) また...

続きを見る

【news】医療機関向けに中国三大決済が利用可能なメールリンク決済サービス開始

NIPPON PAYは、電子決済サービスを持たない医療機関向けに中国三大決済が利用可能なメールリンク決済を開始しました。訪日中国人の中には医療水準の高い日本で検診や治療を希望し医療ツーリズムを利用する方が増加しております。しかし、医療機関の中には電子決済サービスを持っているところはまだまだ少数です。中でも、再生医療や先進医療など、高度な医療サービスを受ける場合、中国人受診者は訪日時に検診およびカウ...

続きを見る

【news】訪日客の4~6月消費額が前年比13.0%増。四半期で過去最高を記録。

19日に観光庁が今年の4~6月期の訪日外国人消費動向調査結果を発表しました。 外国人観光客による旅行消費額は前年同期比13.0%増の1兆776億円となり、3四半期連続で前年を超え、四半期ベースでは過去最高を記録したとのことです。1~6月期の累計は2兆456億円となり、上半期では初めて2兆円を突破しました。 国別では、中国の消費額が4.3%増の3682億円となり、全体の34.2%を占め、...

続きを見る

【news】大手百貨店4社の6月売上高全社増収 インバウンド好調で2ケタ増。

7月3日、大手百貨店4社は、6月の既存店売上高を発表し、全社が前年同月の売上を上回りました。 訪日外国人(インバウンド)向け売上も好調で、全社が前年同月比で2ケタ進展となりました。 J.フロントリテイリング(大丸、松坂屋)と高島屋、そごう・西武の3社は、例年7月に始めていた夏のセールを6月30日に1日前倒ししたことも売り上げを押し上げたようです。 三越伊勢丹の国内百貨店売上高は0...

続きを見る

【news】訪日外国人5月は21.2%増の229万人。政府観光局発表

21日、政府観光局が5月の訪日外国人客数は、前年同月比21.2%増の229万4700人であったと発表しました。特に、韓国からの訪日客数は、昨年4月に発生した熊本地震による需要減退の反動増などで、55万8900人(85.0%増)と最も多かったとのことです。その他、中国が51万7100人(2.0%増)、台湾が40万7500人(8.5%増)となりました。...

続きを見る

【news】JTB、3年以内に全国2000の観光施設に「アリペイ」導入 訪日客の消費喚起

JTBは3年内に全国約2千の観光施設に中国で最も利用される決済サービスのひとつ、アリババグループの「支付宝(アリペイ)」を導入する。アリペイ対応を進め、訪日外国人観光客の消費取り込みを目指します。 アリペイは利用者がスマートフォン(スマホ)のQRコードを提示し、店舗が専用アプリで読み取るだけで決済が完了します。アリババグループは年内に全国約4万5千カ所までアリペイ対応店舗を増やす方針で、訪日...

続きを見る

【news】<インバウンド向け最強決済サービス> NIPPONPAYにて中国二大スマホ決済が可能に

現在、日本国内の決済システムは専用の端末機器を用いながらPOSシステムと連動していますが、中国で主要となっている二大スマホ決済システム「WeChatPay」と「Alipay」、また「UNIONPAY(銀聯)」に対応できるサービスがスタートしました。このサービスの導入により、インバウンド決済の複雑な工程が解決され、スピーディなスマホ決済が可能となり、訪日中国人の利便性を高めます。また決済サービスが利...

続きを見る

【news】民泊新法成立。早ければ来年1月施行へ

本日6/9、「民泊」(空き部屋や空き家を有料で貸し出す)について定める住宅宿泊事業法(民泊新法)案が参議院本会議で可決・成立しました。民泊新法は成立後、1年以内に施行され、政府は来年1月の施行を目指しているとのことです。 今まで、民泊の事業展開には、旅館業法による「簡易宿所」の営業許可や「特区民泊」などに制限されておりました。 民泊新法が実際に施行されると、事業者は、都道府県知事もしく...

続きを見る

【news】今後のインバウンド集客の取り組みについて

観光庁は30日、『観光白書』を発表し、「平成28年度観光の状況」及び「平成29年度観光施策」を報告しました。国内では訪日観光の消費が伸びる中で、外国人旅行者への対応やSNSなどを利用した観光・消費動向の変化に対応していくことが求められていると指摘しております。また、持続した観光地域づくりの取り組みにおいて、「観光資源の磨き上げ」「インフラ整備と連動したソフト対策の実施」「マーケティングにおけるター...

続きを見る

4 / 512345

このページの先頭